賢い住まい作りをサポート

住まい・家についてのおすすめ情報サイト

駅やバス停の近さと下水道完備

家を買う時に譲れない立地条件は、いろいろありますが、優先順位からいくと駅やバス亭に近いこと、下水道が完備されていることでしょう。
また、道が行き止まりになっている場所は、人通りが少なくていいですが、売却するときに大きな道に面している方が土地の価格が上がると言われています。
とはいえ大きな通りは車の騒音も気になるし、難しいところです。
駅やバス亭に近いことは、残業などで夜遅くなってから、暗い夜道を歩くのはかなり怖いものがありますから。
せめて街頭がしっかり整備されていて、コンビニなどがあり夜でも明るいと助かりますね。
私の実家はまだ一部下水道が完備されておらず、簡易水洗トイレなのです。
そのため、水洗トイレにするためには浄化槽を自宅で用意する必要があり、たまたま下水道完備されていない場所に家を買ったのは失敗だったと後悔しています。
住んでみて初めて知ることも多いので、家を買う時には念入りな調査や状況把握、環境把握が必要ですね。

住まい・家に関する参考ブックマーク